リスクを消すメリット

駐車場の入口

マンション経営を行なうときには、少なからず、リスクはつきものになります。ですが、マンション経営をするためには、大きなお金が必要になります。また、空き室や滞納、物件の価値が下落するなどのリスクもあります。そういった、多くのリスクがありますが、リスク管理をし、上手く回避をすることでいろいろなメリットを感じることができるのです。
そのメリットとして利回りの良さがあります。
利回りの良さとは、現金2000万円を0.23%の金利で10年間定期預金をします。そうすると利息は、年に46,600円にしかなりません。ですが、2,000万円でマンションを購入したとします。一ヶ月の家賃を80,000円で貸し出した場合には、年間で96万円になります。そうすることで約4.8%の利回りになります。この数値は、株式や他の投資商品と比べても高い利回りになっています。最近では、地価が安くなっている土地もあるので、マンション経営を始める絶好の機会とも言えるでしょう。

マンション経営をするときには、マンションを購入するか、建設することが必要になります。そういった場合には、団体の信用生命保険に加入することになります。加入する理由として、オーナーが亡くなった場合にローンの支払い責務を保険で返済するためです。遺族の方には、支払いが完済したマンションが残されることになります。そのため、遺族は、そのマンションの家賃収入を継続して得ることができます。場合によっては、マンション自体を売却して現金にする選択肢もあります。
これらがマンション経営で得ることができるメリットとなります。マンション経営では、短期的に利益を生み出すことは難しいですが、長い目で見ることでいろいろなメリットを得ることができるといえるでしょう。