空き室や滞納の問題

白い外装のマンション

マンション経営をしているときに感じるリスクとは、空席が発生してしまったことです。言うまでもなく、マンション経営をするということは空き室が発生することでその一室の給料を貰うことが出来なくなります。こういった状況になることでローンや返済計画などに影響をきたします。そしてこれらのリスクを事前に回避するためには、万能なパートナー会社を見つけておく事が大切になります。そうすることで集客のときにどういったことを行っているのか、滞納があったときには、どういった対応をすればいいのか、過去の回収実績はどうなのか、などのことを知って、適切なパートナーを見つけましょう。そうすることでお金が絡む問題を解決することができます。そこで間違った対応をしている会社をパートナーとすることで刑事・民事裁判などに発展してしまうこともあります。そういった事がないようにするためにもパートナー会社の選び方は、とても大切なものになります。

他にもサブリースを行っているパートナー会社があります。サブリースは、又貸しのことでパートナー会社が建物を借りて、入居者を募り、部屋を貸して生活させる方法になります。こういったマンション経営を行なうことで、家賃の滞納などが起こることはありません。パートナー会社がオーナーに支払う家賃などは、約2年ごとに更新をして築年数や修繕状況は、その時に応じて減額にすることができ、賃回収がなくなるといってリスクも大幅にひくくなります。
こういったマンション経営を行なうためにもいろいろな知識を持つことが大切になります。